自分の身体の一部であるムダ毛を嫌わない

MENU

自分の身体の一部であるムダ毛を嫌わない

ムダ毛を嫌っているとムダ毛と良い付き合いができないと思うので、わたしはあまり躍起になってムダ毛を嫌わないようにしています。自分の身体の一部だとムダ毛のことを捉えればムダ毛という呼び方ではなく「体毛」と呼びたくもなります。ムダ毛を可愛く思うことは到底無理ですが、そんなに嫌わなくてもいいかな・・・とこの頃思っています。

 

この世に二つとない自分の身体から生えてくるムダ毛を見ていると、身体が生きているということがはっきり分かります。生きているのは当たり前ですが、何も考えなくても身体の細胞ひとつひとつが自分の意思とは関係なく働いていることが目に見えて分かるのは、ムダ毛を見ている時です。

 

肌の入れ替わりはよく分かりませんが、ムダ毛を剃ったあと時間を追うごとにその部分をチェックしていると細胞が元気に活動していることがわかります。だから自分のムダ毛を嫌わず、ムダ毛とできるだけいい付き合いをしていきたいと思っています。